ACOUSTICLUB Vol.3 Archive

Breeze - Piyawat Louilarpprasert

Breeze
アーティスト紹介

Breeze

《Breeze》は、トロンボーンとエレクトロニクスのための作品である。本作品のコンセプトは「風の音」(風が吹く音、風が引き起こす空気振動、人間の声と発せられる息からなる音など)をモチーフとしており、トロンボーンの持つ音色を電気的な拡張により、より多様にお見せすることを目指している。これらの音素材は、モジュレーション、リバーブ、そしてディストーションなど、電気的なプロセスを経て、新しい音楽的テクスチュアをお届けする。

Creator : Piyawat Louilarpprasert

作曲家。現代音楽、電子音楽、タイ伝統楽器を用いた音楽を専門とする。2017年ロイヤル・コンチェルト・コンクール優勝、2016年レオン・ゴッセンズ賞、2015年プリンセス・ガルヤーニ交響楽団賞、2015年SEADOM作曲賞、タイ王国芸術新人賞などを受賞。作品は、ウィーンのKulturKontakt、Lucerne Festival、Gaudeamus、中国—ASEAN Music Week、ダルムシュタット夏期講習会など、世界の主要な音楽祭で取り上げられている他、Lucerne Alumni、Orkest Ereprijs、Surplus、タイ王立交響楽団など、様々な団体により演奏されている。現在、イギリスのCharles Stewart Richardson氏の生誕95周年を祝うイベントより委嘱を受け、作曲に励んでいる。
タイ・マヒドン大学卒業、英・王立音楽大学(RCM)修士課程修了。現在、米コーネル大学の博士課程にサーゲ・フェローとして在籍している。これまでに作曲を、V.リザエフ、藤倉大、J.コール、G.ヌオーノ、M.P.アレクサンドリの各氏に師事。
http://www.piyawatmusic.com

Trombone : Siravith Kongbandalsuk

タイ出身のトロンボーン奏者。過去に、第8回スヴィール国際音楽コンクール(スロベニア)銀賞、2013年Young Thai Artist Award1位、第15回大阪国際音楽コンクールにてファイナリストに選ばれるなど、数々の賞を受賞。2015年には、アジア作曲家連盟の定期演奏会の奏者に選ばれる。また、過去にPrincess Galyani Vadhanaユースオーケストラ、タイ交響楽団、サイアム・シンフォニエッタ、そして東南アジア・ウィンド・アンサンブルと共演。タイのマヒドン大学を卒業後、マーストリヒト音楽大学にて修士課程を修了。