ACOUSTICLUB Vol.3 Archive

Chromas - 吉田卓矢

※作曲者本人の希望により、音源及び映像の公開は取りやめとなりました。

作品解説
アーティスト紹介

chromas

この作品は、チェロとエレクトロニクスのための作品である。ノイズと楽音の対比に着目し、それらが綺麗に溶け合うような音響を追求した。それぞれの音素材の「彩度」を変えていくことによって、vol.1,2で発表したmono/polychromeとは異なる表現を試みた。

吉田卓矢

1992年福島県郡山市生まれ。作曲を嶋津武仁、山内雅弘、指揮を本多優之、山本訓久の各氏に師事。現在は都内の学校で非常勤講師を行う傍ら、フリーの作曲家として活動している。

塚本慈和 (Cello)

1986年埼玉県生まれ。埼玉県立芸術総合高等学校音楽科を経て、国立音楽大学入学。室内楽コース在籍。同大学在学時より様々な主要演奏会、また内外のオーケストラと協奏曲を多数共演。チェロを中島克久、Wolfgang Boettcherの各氏に、室内楽を漆原啓子、志賀信雄の各氏に師事。またチェロと室内楽を藤森亮一氏に師事。大学卒業と同時に大阪交響楽団入団。5年間在籍。現在は東京を拠点に活動している。クラシック以外にも、でんぱ組inc.や守時タツミなどのレコーディング、ライブ演奏も担っている。国立音楽大学非常勤講師。