ACOUSTICLUB Vol.3 Archive

慈雨 - 坂元風楽

作品解説
アーティスト紹介

慈雨

『慈雨』(じう)は、草木の成長に丁度良い雨、日照り続きの時に降る雨、など、総じて恵みの雨としての意味を持つ言葉です。この作品は、音楽を「Max」と「Logic Pro X」で、映像を「DIPS for Max」と「Motion」でそれぞれ制作し、日照り続きで乾ききった大地に恵みの雨が降る様子を私なりの表現で再現しようとした作品です。

坂元風楽

1997年2月生まれ、京都府舞鶴市出身。国立音楽大学 演奏・創作学科 コンピュータ音楽専修に在籍。和声を桃井千津子氏に師事。作曲を渡辺俊哉氏・古川聖氏・莱孝之氏に師事。芝居・舞台やゲーム、音楽団体などへの楽曲提供を中心に活動。作編曲だけでなく音響やプログラミングの分野でも活躍中。