ACOUSTICLUB

音楽というものは多くの場合、創作家、演奏家、聴衆という3つの立場の人間によって成り立つものである。しかしながら多くの音楽大学では、その3つの要素は残念ながらそれぞれ独立していることが多く、各音楽大学の交流の場も充実していないのが現状である。Tokyo Media Interactionはそういった現状を少しでも打開するために、創作家、演奏家の交流の場として「ACOUSTICLUB」という定期イベントを企画した。このイベントは、様々なバックグラウンドを持った多くの若手創作家による音楽フェスティバルである。同年代の創作家が集うことにより各々が刺激を受け、創作における視野の広がりや、多様なコミュニティの形成を目的としている。

2017 VOL.2